【兵庫】アスベスト処理,アスベスト解体工事,アスベスト調査・分析なら・・・伊藤硝子産業へ!【東京以西】
サイトトップ>アスベスト情報>アスベストの基礎知識

アスベスト情報

1.アスベストの種類

アスベストは天然の鉱物繊維です。
アスベストは6種類に分類することができ、主に蛇紋石系のクリソタイル(白石綿)、角閃石系のクロシドライト(青石綿)及びアモサイト(茶石綿)の3種類が建築関係でよく使用されている種類です。
後、角閃石系のアンソフィライト(直閃石)・トレモライト(透角閃石)・アクチノライト(緑閃石)があり天然鉱物に不純物として含まれています。(セピオライト・タルク・バーミキュライト・アタパルジャイト)

2.アスベストとロックウール・グラスウールの違い

アスベストは天然に産する結晶質の鉱物繊維で、ロックウール・グラスウールは工場で製造された人造の非結晶鉱物繊維です。
アスベストはロックウール(3~5μm)に比べて数十~数百倍細いです。

ロックウールとアスベスト

3.アスベストの危険性

アスベストの繊維は、極めて細く、空気中に浮遊しやすい為、吸引されやすい特徴があります。アスベスト繊維を多量に吸うと肺の中に残り、アスベスト肺・肺がん・中皮腫の原因になるおそれがあります。
一般的にアスベストの種類の中で、クロシドライト・アモサイトに比べてクリソタイルは有害性が弱いと言われています。

4.アスベストが使用されている所

アスベストは以下のようなところで使用されています。

吹付け材 鉄骨の耐火被覆材・機械室の吸音断熱材、その他の結露防止材。
成型材 鉄骨、梁・柱等。
断熱材、
吸音材、
断熱材
天井・壁等に吹付け。
天井・壁・床の下地、化粧用内装材、天井材、外装材、屋根材等の成型板。
アスベストの使用場所
1 >2>3>4
topページへ