【兵庫】アスベスト処理,アスベスト解体工事,アスベスト調査・分析なら・・・伊藤硝子産業へ!【東京以西】
サイトトップ>アスベスト情報>アスベストの処理

アスベスト情報

1.アスベスト含有有無の分析方法

アスベスト含有有無の分析方法には以下のようなものがあります。

  1. 位相差・分散顕微鏡による分散染色法
  2. X線回析方法の組み合わせによる分析方法。
(JIS A 1481 「建材製品中のアスベスト含有率測定方法」)による。

2.アスベスト含有吹付け材の処理の方法

アスベスト含有吹付け材の劣化状況の把握や建物の運用計画を考慮した上で、除去工法・封じ込め工法・囲い込み工法の工法選択があります。

除去工法 既存のアスベスト含有吹付け材の層を下地から取り除く工法。
封じ込め工法 既存のアスベスト含有吹付けの層はそのまま残し、アスベスト層に薬剤の含浸若しくは造膜材の散布等を施す事により、アスベスト含有吹付け材の層表層部又は固着・固定化して、粉じんが使用空間内へ飛散しないようにする工法。
囲い込み工法 既存のアスベスト含有吹付けの層はそのまま残し、アスベスト含有吹付け材の層が使用空間に露出しないよう、板状材料等で完全に覆うことによって粉じんの飛散防止、損傷防止等を図る工法。
※上記、工法のガイドライン及びマニュアル
(財)日本建築センター「既存建物物の吹付けアスベスト粉じん飛散防止処理技術指針・同解説」

3.アスベスト含有吹付けの除去費用

除去費用は、処理する面積・隔離の方法等により差が有りますが、目安となる費用が国土交通省のホームページで公表されています。

国土交通省(http://mlit.go.jp/kisha/kisha06/01/010331_5.html)

1>2> 3 >4
topページへ